電池事業

⾰新電池で電動⾞の拡⼤・普及に貢献

トヨタ⾃動⾞㈱と共同開発したバイポーラ型ニッケル⽔素電池は、トヨタアクアに搭載されています。従来型電池と⽐較して、コンパクトかつ⾼出⼒を実現しており、アクアの電動⾞らしい軽快な⾛りと、⾼い環境性能の両⽴に貢献しています。

世界初採⽤のバイポーラ構造

集電体と呼ばれる⾦属部品の⽚⾯に正極、もう⼀⽅の⾯に負極を塗った「バイポーラ電極(Bipolar:双極)」を複数枚積層させてパックにした電池。アクア向けに、電動⾞の駆動⽤⾞載電池として世界初採⽤されました。

コンパクト化と⾼出⼒化を実現

バイポーラ(双極)という名称のとおり、集電体を正極・負極で共有でき、部品点数を少なくすることで電池のコンパクト化を実現し、多くのセルを搭載することが可能です。また、通電⾯積が広くシンプルな構造により、電池内抵抗を低減し、⼤電流が⼀気に流れることで、従来型アクア搭載のニッケル⽔素電池に⽐べ、約2倍の⾼出⼒化を実現しています。