お客様との関わり

「品質」を重要課題の一つと捉え、お客様ニーズの変化・多様性に迅速に対応できるモノづくりを実践しています。

品質に対する基本的な考え方

品質ビジョン

豊田自動織機グループに働く一人ひとりは  
それぞれの持ち場・立場で自工程完結を実践し  
世界各地域のお客様の期待を超える魅力的な  
商品・サービスを安全で安心な品質で提供します

当社は、社祖・豊田佐吉の「完全なる営業的試験を行うにあらざれば、発明の真価を世に問うべからず」という遺訓の精神を受け継ぎ、品質こそ会社の生命線と考えています。この考えのもと基盤となるべき品質に対する取り組みの理念として、「品質ビジョン」を設定しています。
安全性や環境性能、耐久性、使いやすさ、できばえなどの「製品品質」はもとより、販売やサービスを加えた「営業品質」、さらにブランド力や企業イメージなどを加えた「経営品質」に至るまで、企業活動全体のあらゆる「品質」の維持・向上をはかっています。

当社が追求している品質のイメージ

品質指針・品質保証体制

品質ビジョンの実現に向け、年度の重点実施事項を明確にした「品質指針」を国内外の全生産拠点に展開し、品質保証活動を行っています。「品質指針」の実施状況については、経営トップが品質機能会議(議⻑:経営役員 生技・生産本部⻑*1)で確認し、課題を抽出した上で、対策を検討しています。これらの課題は、全社品質保証部門⻑会議(議⻑:品質管理部部⻑*1)でフォローしています。
*1:2021年3月31日現在

品質指針に基づく品質保証活動

品質指針に基づく品質保証活動

当社は、市場におけるニーズや当社商品の使われ方を把握して、お客様の期待に応える商品開発を行っています。
新商品開発では、商品企画から設計、生産準備、生産、販売、サービスに至るすべてのステップにおいて、品質をつくり込むための具体的な実施事項を定めています。その上で、目標とする品質レベルに達していることを事業部⻑が審査し、次のステップへの移行を承認するしくみであるデザインレビュー(DR)を実施しています。
なお、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001認証やIATF16949(自動車業界のための規格)認証については、すべての事業で積極的に取得しています。

■ISO9001認証:
生産子会社24社中、20社取得(2020年7月現在)

製品安全のリスクアセスメント

お客様が安全に使用していただける製品をご提供するために各事業部のDRの中であらゆるリスクを洗い出し、評価、対応するリスクアセスメントを行っています。
リスクアセスメントに必要な考え方である、危害の発生確率と危害の程度を評価できる人材育成を全社で推進しています。

■対象製品のリスクアセスメント実施率(単独):100%(2020年度)

主な取り組み

不具合の再発防止・未然防止への取り組み

商品の発売後に不具合が発生した場合は、各事業部の品質保証部門が中心となり、お客様の不安を取り除くため迅速に対応し、同じ不具合を再発させないよう確実な対策を実施しています。特に、お客様に多大なご迷惑をおかけする不具合は、重要品質問題として登録し、社⻑へ報告するとともにお客様への対応・再発防止が完了するまで、確実なフォロー体制で取り組んでいます。再発防止の取り組みでは、開発プロセスまで遡って原因究明し、しくみと技術の両面で対策するとともに、必要に応じ、新商品開発のしくみも見直すことで、次期モデルでの徹底的な再発防止に努めています。また、対策を全社に水平展開することで、今後開発・生産するすべての商品に対し、不具合の未然防止に努めています。

■リコール届出件数(単独):5件(2020年度)

取引先への取り組み

商品の品質向上には、国内外の取引先と一体になった品質向上活動が不可欠であることから、主要取引先と協働で品質保証活動の強化に取り組んでいます。

1.品質監査
当社は1年に1回、品質監査を実施しています。重点テーマを設定し、弱みの改善状況を現地・現物で確認するとともに、新たに強化すべき項目については品質教育を実施し、改善に対する理解を深めています。2020年度は現地を訪れることができなかったため、リモート監査を実施しました。
2.内部監査員の育成
取引先の主体的な品質向上のため、基準に合格した取引先には内部監査員を育成していただき、取引先が自律的に品質保証システムを向上できる活動を推進しています。
これらの活動を通じて、取引先での品質保証レベルを確保するとともに、自ら品質保証活動を進化させ続ける風土を築いています。

人材育成・職場づくりへの取り組み

当社では、全従業員を対象に、実務で必要な品質保証スキルを身につけるため、体系化された品質教育を実施しています。
自ら考え、自ら学び、自ら行動することで人材の育成へつなげ、活力ある職場づくりを目的としたQCサークル活動や創意工夫提案の取り組みを行っています。また、SQC手法・ビッグデータ解析手法を活用して科学的アプローチができる人材の育成を推進しています。

1.QCサークル活動
QCサークル活動に全員参加で取り組んでいます。全国のQCサークル大会で発表するなかで、多くの賞をいただいており、活動の普及・発展と活性化に貢献したサークルに贈られる「石川馨賞奨励賞」を4年連続で受賞しました。
海外生産拠点でもQCサークル活動に活発に取り組んでおり、各拠点にQCサークルトレーナーを育成・認定して自立した活動ができるよう指導しています。昨年来の新型コロナウイルス(以下新型コロナ)の影響で海外全拠点の活動に影響が出ましたが、トレーナーが工夫してQCサークル活動を継続しています。成果発表の場として毎年日本で開催しているグローバルQCサークル大会は、2020年度はビデオによる発表大会を行い全拠点の成果を共有しました。
また、創意工夫提案の取り組みでは、2020年度は文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」を9件受賞しました。
コロナ禍での屋外QCサークル連合
コロナ禍での屋外QCサークル会合(インドネシア)
2.科学的アプローチができる人材の育成
品質管理基礎教育の一環としてSQC(統計的品質管理)とビッグデータ解析の基礎教育を実施しています。
この取り組みでは、ビッグデータ解析の実践活用を拡大するため、職場の問題解決を通じた中核人材の育成に加え、各事業部の優秀事例の共有と相互研鑽を目的とした全社SQC大会を37年間にわたり開催しています。2020年度は新型コロナ対応として、オンラインで配信しました。
全社SQC大会
全社SQC大会

■品質教育研修受講率(単独):100%(2020年度)
(品質管理基礎教育受講者:178名)