社会福祉

福祉ふれあいフェスティバルinシャインズ

刈谷市社会福祉協議会と共同で、刈谷市内の障がい者の方々とそのご家族を当社福利厚生施設シャインズにご招待しています。このイベントは招待者の皆さんと、婦人会など地域ボランティア、そして社員ボランティアが交流を深め、楽しいひとときを過ごしていただこうと、1993年より毎年開催しています。
当社のボランティアグループ「はあとふる倶楽部」のメンバーが中心となってイベントの企画・運営にあたり、参加施設の皆さんによるパフォーマンスステージ、ゲストによる音楽やマジックショー、みんな揃ってのランチタイムなど、バラエティに富んだプログラムが実施されています。
多くのボランティアがサポートする中で、障がい者の皆さんにも安心して楽しんでいただけるイベントとして定着しています。

ふれあい潮干狩り

当社の工場所在地にある障がい者施設の皆さんを招待し、1998年より毎年春に「ふれあい潮干狩り」を開催しています。このイベントでは、参加者の皆さんに浜辺に出て自然に親しむ貴重な機会を提供し、安全に楽しんでいただけるよう、当社技能専修学園生と社員およびOBボランティアが、テント組み立て、車椅子介助、安全確保などのサポートを行います。施設の皆さんとボランティアが一緒に潮干狩りをしながら、自然の中でのふれあいを楽しみます。

春・秋の収穫祭

当社とアイシン精機(株)は、安城市内の農園「水源ふれあいファーム」に地域の福祉施設の方々を招待し、ふれあいイベントを共同で開催しています。
このイベントは、社会貢献活動の一環として障がい者と両社のボランティアとの交流の場を提供しているもので、1998年より毎年春と秋に実施しています。両社のボランティアは苗の植付け・栽培などの準備にも関わり、当日は障がい者の皆さんが自分の手で収穫をする体験をサポートしながら、楽しいふれあいの時間を過ごします。

福祉施設バザー支援

当社は刈谷市内の関係会社7社とともに、地域の福祉施設・団体が行うバザーを支援しています。この活動では、「一人一品貢献活動」として社員にバザー品の提供を呼びかけ、毎年2,000点以上の品物が集まります。集まったバザー品は福祉施設・団体に寄贈し、施設が開催するバザーにて活用いただいています。この活動を継続して行うことにより、一人でも多くの社員に社会貢献の意識が根付いていくことを期待し、活動の輪を広げていきます。

協業会社7社: (株)サンスタッフ (株)サンバレー
豊田ハイシステム(株) (株)シャインズ
(株)エスケイエム 大興運輸(株)
大興タクシー(株)

障がい者施設販売支援

障がい者福祉施設に通う方々の自立を支援するために、当社の工場食堂で、同施設で作っているパンやクッキーなどの自主製品を販売する場を提供しています。また夏まつりや駅伝大会などの会社行事においても、出店の場を提供し販売支援を行っています。このように当社では、障がい者が社員やその家族との交流が持てる機会を増やせるようつとめています。また、そこでの販売収益は福祉施設の貴重な運営資金となっています。

福祉施設の清掃・除草活動

職制の自主的な組織である班長会は、工場がある市町の福祉施設で施設の要望に応え、室内の清掃や樹木の剪定、除草作業などのボランティア活動を継続的に行っています。毎回施設の方々からは「日頃手のまわらないところを助けていただき大変感謝している」との温かい言葉をいただき、活動の場は年々広がりをみせています。また各工場の班長会による協業も活発に行われ、共に汗を流す活動を通し会員同士の絆・交流を深めています。

スペシャルオリンピックス支援

当社はスペシャルオリンピックス*の活動趣旨に共感し、グラウンド・体育館の施設貸与や社員ボランティアによる競技指導支援を行っています。また、職制の自主的な組織である班長会でも競技会の運営をサポートする活動を始めました。

※スペシャルオリンピックス:知的障がいのある人たちにさまざまなスポーツトレーニングや競技会を提供し、多くの人との交流を通じて彼らの社会性が育まれることを願って活動を続けている国際的なスポーツ組織。

名フィル福祉コンサートへの支援

当社および刈谷市に拠点をおくトヨタグループ7社は、公益財団法人 名古屋フィルハーモニー交響楽団主催の『夢いっぱいの特等席』福祉コンサート刈谷公演に協賛し、各社の拠点がある地域の福祉施設・団体の皆さまを招待しています。このコンサートは、障がいのある方々にも気軽にクラシック音楽を楽しんでいただくことを目的として、2000年より開催しているプログラムです。車椅子をご利用の方にも気兼ねなくお越しいただけるよう、ホール内の椅子を一部取り払うなど施設面での配慮をするとともに、一般的になじみのある曲を選び、楽器や曲目を指揮者が分かりやすく解説します。当日は、協賛する各社よりスタッフが参加し、名フィル事務局とともにコンサートの運営にあたります。

医療機関の活動支援と寄付 [海外関係会社]

【フランス】

TMHFR(トヨタ マテアリアル ハンドリング フランス)の社員89人は、2015年11月、パリとトゥールーズで同時開催されたチャリティマラソンに参加しました。このイベントは、男性特有の病気への認知度や健康意識の向上をめざすキャンペーンの一環で、男性は髭をたくわえることでこの取り組みへの賛同をアピールします。マラソンへの参加費は、大会全体で45,000ユーロが集まり、うつ病や前立腺癌の治療・研究の支援として医療機関へ寄付されました。

生活困窮者への支援活動 [海外関係会社]

【アメリカ】

TMHU(トヨタ マテリアル ハンドリング USA)、TIEM(トヨタ インダストリアル イクイップメント)、TINA(トヨタ インダストリィーズ ノースアメリカ)、3社の社員ボランティアは、"United Way"* を通じ、地域に住む生活困窮者の生活向上のために、家屋の修理・塗装、庭の整備などを行いました。2015年は、同団体を通じたこれらの活動に36の企業から、延べ1,059人のボランティアが参加しました。

※地域社会の健康、福祉、経済的安定の促進をめざし様々な活動を展開している米国の代表的な慈善福祉団体

食料支援活動に協力 [海外関係会社]

【オーストラリア】

TMHA(トヨタ マテリアル ハンドリング オーストラリア)は、2014年の"Food Rescue"への寄付をきっかけに同団体が行っているフードカートプログラムへの参加を開始しました。2015年度は、社員ボランティアが、月に2回、カフェやスーパーで売れ残った新鮮な食料品を集めて回り、それらは"Food Rescue"を通じて、同日中にホームレスや独居老人等、支援を必要としている多くの人々のもとに届けられました。

※Food Rescue 食糧難に陥っている恵まれない人々に食料品を届け、生活の支援を行っている慈善団体

生活困窮者のための支援 [海外関係会社]

【イギリス】

2015年3月、TMHUK(トヨタ マテリアルハンドリング イギリス)は、イギリス国内のトヨタグループと共に、イギリスの慈善団体コミック・リリーフが主催するチャリティイベント"Red Nose Day *"に協力し、募金活動を行いました。「楽しんでお金を集めよう」という活動の様子が長時間特別番組としてTV放送されました。

※協力者は、プラスチックでできた赤い鼻を1つにつき5£で購入し、それを車や自分の鼻につけて、コミック・リリーフの活動へ賛同の意をアピールする。この購入費は全て団体の活動費として寄付される

障がい者用車椅子の寄贈 [海外関係会社]

【中国】

YST(烟台首鋼豊田工業空調圧縮機有限公司)は、2014年12月、社員の募金により集まったお金で車椅子を購入し、国際障がい者デーに合わせて地元の福祉施設へ寄贈しました。2012年の会社設立より今回で3回目となるこの活動は、地元でも高く評価され、テレビや新聞でも報道されました。