施設ご案内

案内図・施設詳細

環境配慮設計

① エコストーン 〜工場廃棄物から石を精製〜

当社工場から排出される、ばいじんなどの廃棄物をリサイクルして出来た石です。

廃棄物に含まれる重金属は製造過程で除去されるので、水中に入れても溶出することはなく安全です。

敷地内で、景石、川・池の敷石として利用しています。

②雨水タンク 〜水資源の有効活用〜

雨水タンクを設け、敷地内建屋に降った雨水を有効に利用しています。

また、池や川を流れる水は、敷地内で循環させて再利用しています。

③太陽光パネル 〜自然エネルギーで電力供給〜

建屋に太陽光パネルを設置しています。

発電した電気を、敷地内の水循環設備(ポンプ)の動力源として利用しています。

④アグリーフ 〜剪定枝をリサイクル〜

当社工場で剪定した樹木の枝葉をチップ化して発酵させたリサイクル堆肥です。

敷地内で、土壌や樹木のマルチング材として利用しています。

地域の生態系保全

⑤チタツツジの保全 〜地域固有種の保全〜

地域の貴重な固有種である「チタツツジ」を、市内で保全活動をしている方から株分けしていただき、敷地内に植栽しています。

⑥地域在来魚の放流 〜地域在来の生物を放流〜

ビオトープから南東500mほどにある延命寺川で、子どもたちが生物を捕獲し、専門家による選別の後、敷地内の水辺に放流しています。

地域との連携

⑦ベンチ 〜大府市社会福祉協議会、半田養護学校桃花校舎との連携〜

大府市社会福祉協議会が推進する「ふれあいベンチ」活動と連携し、敷地内にベンチを3基設置しています。

ベンチは大府市内の「半田養護学校桃花校舎」の生徒の皆様が製作しました。