2020年ビジョン

刻々と変化を続ける時代環境を自らの力で切り拓いていくために、豊田自動織機は2011年秋に「2020年ビジョン」を掲げ、それを今後の企業経営の海図および羅針盤として新たな成長のステージへ向かっています。

環境・エネルギー分野での技術革新で、環境負荷の少ない社会の実現に貢献 技術のシーズを育て上げ、ハードに加えソフトを強化して新たな事業価値を創造 世界各国で事業を展開し、地域ごとのお客様のニーズにきめ細かく対応 職場力とTPSを基盤として事業に磨きをかけ、世界最高水準のSEQCDを堅持 事業部間シナジー、戦略的M&A・アライアンスを活用しながら、成長力を強化

2020年ビジョンにおける各事業の位置づけ

ソリューション
産業車両、繊維機械の各事業を含むユニット。
開発から生産、販売、サービスまで一貫して担う当社独自の事業として更なる成長を図る。

キーコンポーネント
カーエアコン用コンプレッサーやエレクトロニクス事業を中心とするユニット。
当社の技術力を活かして、世界中の自動車メーカーを中心とした幅広いお客様へ各商品においてキーとなる商品を提供する。

モビリティ
トヨタ自動車株式会社向けの車両やエンジンの生産を担う事業ユニット。
生産面での強みを活かして、トヨタ車の一層の競争力向上に貢献する。