ニュースリリース

製品・技術・展示会

トヨタL&Fの2製品が2021年度グッドデザイン賞を受賞

~グッドデザイン・ベスト100には「自動走行トーイングトラクター」が選出される~

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)トヨタL&Fカンパニーは、10月20日、自動走行トーイングトラクターおよびフォークリフトの後方作業者検知運転支援システム「SEnS(センス)※1/SEnS+(センスプラス)※2」で、「2021年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。このうち、自動走行トーイングトラクターは、グッドデザイン賞受賞対象の中から"未来を切り拓くデザイン"として審査員が特に注目したデザインに授与される「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。

■ グッドデザイン賞受賞・ベスト100選出 「自動走行トーイングトラクター」

<概要>
自動走行トーイングトラクターは、空港において、手荷物や貨物を収容したコンテナなどをけん引する車両で、ターミナルの手荷物仕分け場から航空機近傍まで自動走行で運搬する。この車両には、周囲の状況や自車及び目的地の位置を的確に認識し、安全かつ正確に走行するための技術として、2次元/3次元LiDAR※3による障害物検知と自動停止、路面パターンマッチング※4とGPS※5による自己位置推定・誘導機能を採用。空港物流の自動化を目指し、2019年3月に佐賀空港、21年3月には国内最大の空港である羽田空港にて、全日本空輸株式会社と共同で実用化に向けた実証試験を実施した。

<評価ポイント>(審査員コメント一部抜粋)
空港内で貨物台車をトーイングトラクターで運ぶ仕事は、人が中心に行う作業であり、人手不足が深刻化する中、本製品ではトラクターの自動運転によるソリューションを提案している。滑走路上など建物が少なく、レーザー照射による自己位置推定が困難な環境において、路面パターンマッチングを補完的に使用する技術的ブレークスルーもある。また、電動化により低炭素社会への貢献も提供できている。

【自動走行トーイングトラクター】
【羽田空港での実証試験の様子】

■ グッドデザイン賞受賞 「後方作業者検知運転支援システム SEnS/SEnS+

<概要>
人や物が混在する環境の中で使用されるフォークリフトにおいて、フォークリフトと障害物との衝突回避をサポートするため、専用設計したカメラが車両後方の検知エリア内の障害物の中から人と物を見分けて検知し、オペレーターに接近を通知する安全運転支援システム。
さらに、SEnS+は車速や進行(旋回)方向など車両の状況と連動して、走行速度や発進を自動で制御する機能を搭載。

<評価ポイント>(審査員コメント一部抜粋)
広範囲の画角と10mまで検知できる視距をもつステレオカメラを搭載し、人と物を峻別して認識して、それぞれ警告の出し方を変える工夫がなされている。警告ランプの作りにも細かい配慮がなされ、設置のしやすさや視認性の良さが確保されている。また、既存の多くのフォークリフトに簡単に後付けできることが普及を早めるであろう。

【後方作業者検知運転支援システム「SEnS」】
※1: Smart Eye Sensorの略
※2: Smart Eye Sensor Plusの略
※3: 対象物にレーザー光を照射し、その反射光を測定することで対象物までの距離を正確に測定できるセンサで、車両周辺状況の把握に使用
※4: 車両に搭載したカメラで撮影した路面画像と事前に作成した路面画像マップデータをマッチングすることで、車両の位置・姿勢情報を取得する技術
※5: Global Positioning Systemの略で、複数のGPS衛星から受信した電波を利用し、現在の位置を測定する技術

グッドデザイン賞について

公益財産法人日本デザイン振興会が主催するもので、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動。現在に至るまで60年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開されている。これまでの授賞件数は50,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれている。

以上

2021年 ニュースリリース一覧へ戻る