ニュースリリース

経営・事業

物流自動化統合制御システム開発の新会社を設立

~ スマート物流のコア技術、世界共通化を加速 ~

株式会社豊田自動織機は、自動運転フォークリフト(AGF*1)、無人搬送車(AGV*2)、自律移動搬送ロボット(AMR*3)等の自動物流車両・機器を統合制御するシステムの開発を行う新会社「T-Hive. B. V.」を、2021年4月、オランダに設立いたしました。
新会社は、豊田自動織機グループ各社*4が蓄積してきたソフトウェア製品やノウハウをもとに、グローバルで汎用性の高い統合制御システムを新規開発いたします。また、物流ソリューション事業におけるソフトウェア開発の中心的役割を担い、グループ各社に世界共通ソリューションを提供します。

近年、eコマース市場の伸長による荷量の急増、荷物の小口化、労働者不足等による物流現場の自動化が進展する中、空港、港湾、倉庫、工場など世界中のあらゆる物流現場において、自動物流車両・機器の需要が急速に拡大しています。
様々な業種や作業に応じた、多様かつ多台数の車両・機器を効率よく運用するためには、荷量や入出庫スピードの増減に合わせ、各車両・機器の位置情報、移動、作業速度等を考慮したタスクの割りつけ、最適ルート生成等が必要となり、新会社ではこれらを、数十~数百台規模で制御可能なシステムの開発に取り組んでまいります。

また、グローバルに事業展開するお客様からは、世界共通の物流ソリューション導入へのニーズも高まっています。それと同時に、あらゆる産業におけるシステム開発需要が増大する中で、優秀なソフトウェア開発人材の不足は世界共通の課題になっています。

従来、豊田自動織機グループは、地域・お客様毎に、各社がそれぞれ制御システムを開発してきました。今後は、各社が蓄積してきた現場オペレーションのノウハウや制御ソフトウェアを新会社に持ち寄り、多様なオペレーション・車両タイプにグローバルで適応する、汎用性が高く、高効率なシステムを開発いたします。加えて、新会社を核としたグローバル開発体制の構築により、開発人材の不足にも対応していきます。

豊田自動織機グループは、物流ソリューション事業のグローバルリーディングプレイヤーとして、「グローバルなソリューション開発体制」と、グループの強みである「長年にわたり世界中のお客様に寄り沿ってきた販売・サービス体制」により、世界中の様々なお客様に対し最適な物流自動化ソリューションを、より早く・柔軟に提供し、お客様の物流課題解決に貢献してまいります。
新会社の概要は以下の通りです。

【新会社の概要】

1. 社名 T-Hive B.V. (ティーハイブ)
2. 設立 2021年4月1日
3. 本社所在地 オランダ ヘルダーラント州 エーデ
4. 資本金 5百万ユーロ
5. 代表者 Leon Jansen
6. 事業内容 1)物流自動化ソリューションの企画
2)自動物流車両・機器の統合制御システム開発と販売
7. URL

https://www.t-hive.io/

*1 AGF:Automated Guided Forklift
*2 AGV:Automated Guided Vehicle
*3 AMR:Autonomous Mobile Robots
*4 物流ソリューション事業関連会社、()内ブランド名:豊田自動織機(トヨタL&F)、Raymond、Toyota Material Handling Europe, Toyota Material Handling、Bastian、Vanderlande

北米向け新型自動物流車両
欧州小売大手に導入済み自動物流車両
海上コンテナ搬送用の自動物流車両

以上

2021年 ニュースリリース一覧へ戻る