ニュースリリース

製品・技術・展示会

豊田自動織機がWIPO GREENにパートナーとして参画

~保有する環境関連特許208件を開放~

株式会社豊田自動織機 (社長:大西 朗) は、このたび、国際連合の世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization 以下、WIPO)により運営され、環境関連技術のグローバルな普及・活用を促進する「WIPO GREEN(ワイポ・グリーン)」にパートナーとして参画し、208件の特許を開放します。

WIPO GREENは、パートナー等の参画団体が登録した環境関連技術(特許・商品・ノウハウ等)のデータベースを元に、環境関連技術の保有者とその技術を必要とする使用者をマッチングさせ、技術の活用を促進しています。現在、データベースには3,600件以上の技術が登録されており、2013年の運営開始以降、600件以上のマッチングが成立しています。

当社は「住みよい地球と豊かな生活、そして温かい社会づくりに貢献」することを2030年ビジョンに掲げており、事業活動を通じた環境保全への貢献を、経営における重要課題の一つと考えております。WIPO GREENにパートナーとして参画することにより、保有する特許をグローバルに活用していただき、環境負荷の低減に役立つことをめざします。

このたび、当社は、以下3つのカテゴリに関する特許208件を登録いたしました。

1. PG(Plastic Glazing;樹脂ウインドウ)89件
ガラスに代わる軽量素材で、質量は約1/2。当社のPGは、ガラス同等の美しい表面品質と高い耐久性を備えていることに加え、一般的に難しいと言われる大型成形に成功し、自動車のルーフに採用されている。

2. CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic;炭素繊維強化プラスチック)84件
鉄やアルミに代わる軽量素材で、質量は鉄の約1/5。当社のCFRPは、独自開発の3次元織機で織る炭素繊維織物に樹脂を含浸するもので、高い耐久性を実現。自動車のクラッシュボックスに採用されている。

3. 太陽熱集熱管 35件
太陽光を反射鏡で集光し、高温の熱を取り出す集光型太陽熱発電システムの基幹部材。当社の集熱管技術は、太陽光を効率よく吸収する選択吸収膜により、400℃以上の熱エネルギーの取得を実現している。

今後、他の事業分野からも、環境関連特許を随時データベースへ登録していく考えです。

豊田自動織機は、環境問題解決に寄与する技術の開発に努め、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

以上

2020年 ニュースリリース一覧へ戻る