ニュースリリース

製品・技術・展示会

「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」に出展

トヨタL&Fブースイメージ

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)のトヨタL&Fカンパニーは、2月19日(水)~21日(金)に東京ビックサイトで開催される「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」に出展します。

この展示会では、近年物流業界が直面している「労働力不足」の解決をテーマに、200以上の物流関係会社が一堂に会し、国内外の最新物流機器やシステム、サービス等を出展いたします。今回トヨタL&Fブースでは、「その物流に、ジャストソリューション」をコンセプトに、自動化ニーズの高まりに応える最先端の物流ソリューションをご紹介いたします。

ブース中央で行うデモンストレーションでは、2種類の自律走行ロボットが作り出す先進的な物流現場の姿をお見せいたします。SLAM*式AGV「キーカート」は、カメラ・レーザーにより周囲の障害物やレイアウトを把握し、自律的に状況判断をして走行する搬送車です。また、自律モバイルロボット「AiR-T (エアー・ティー)」は、自律走行に加え人の移動に追従する機能を備えた荷台付きロボットで、主にピッキングの作業負荷を低減します。作業員に寄り添う高度な動きやシンプルなデザインが評価され、2019年のグッドデザイン賞を受賞しております。

今後も当社は、世界トップシェアを誇るフォークリフト事業ではもちろん、物流ソリューション事業でも世界をリードし、お客様に最適な解決策を提供する物流パートナーを目指して参ります。

*Simultaneous Localization and Mappingの略。各種センサーから取得した情報から、自己位置推定と地図作成を同時に行うこと

<展示製品>

SLAM式AGV「キーカート」(参考商品)
自律モバイルロボット「AiR-T」(参考商品)

以上

2020年 ニュースリリース一覧へ戻る