ニュースリリース

製品・技術・展示会

東京オートサロン2020に出展

~RAV4コンセプトモデルを展示~

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、2020年1月10日(金)から12日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される東京オートサロン2020に出展し、RAV4のコンセプトモデル「RAV4“ADVENTURE GEAR”」を展示します。

当社は、トヨタグループの完成車メーカーの1社として、長草工場でRAV4の生産を担当するとともに、内外装のデザインにも参画しています。RAV4に深い関わりのある当社が、コンセプトモデルを通して、その新たな魅力を自動車ファンの皆さまにご提案します。

「RAV4“ADVENTURE GEAR”」は、山岳救助車などの過酷な環境下で使用されるプロフェッショナルな車両を参考にして、ルーフトップやバックドア開放時の空間利用、さらにデッドスペースを活用した収納アイテムなどを装備し、RAV4をよりアクティブに使用できる、「ワクドキ感」に磨きをかけた一台です。
ぜひ、その名のとおり「ADVENTURE」を感じていただきたいと思います。

【主な装備・PRポイント】
◇ 作業台、飲食用テーブルとして使い方自由なスライドボード
◇ ルーフ上に人が乗ったり物を載せたりして自由に楽しむためのルーフトップ
◇ ルーフへのアクセスを容易にするバックドアラダーやバンパーステップ
◇ デッドスペースを活用、車外からの使用に便利な収納ボックス

豊田自動織機は、車両生産やデザインの経験を生かし、クルマの魅力・楽しさを皆さまにお届けできるよう、努めてまいります。

                  【豊田自動織機 出展ブースイメージ】

以上

2019年 ニュースリリース一覧へ戻る