ニュースリリース

その他

豊田自動織機、第57回技能五輪全国大会で金メダル獲得

~「電気溶接」職種で金メダルのほか2職種で銀メダル~

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗、以下 豊田自動織機)は、11月15日(金)~18日(月)に、愛知県で開催された第57回技能五輪全国大会の7職種に出場し、「電気溶接」職種で、神谷 将真(かみや しょうま)選手が、金メダルを獲得しました。

このたびの全国大会では、全42職種に、各都道府県から選抜された約1,300名の若き技能者が参加し、技を競い合いました。
豊田自動織機からは7職種に17選手が出場し、「電気溶接」職種で金メダル、「メカトロニクス」、「構造物鉄工」職種で銀メダルなど、下表の通り受賞いたしました。

豊田自動織機は、「モノづくりの基本は人づくり」の考えのもと、次代を担う人材の育成に取り組んでいます。その中で、高度な技能を習得し、継続的に技能の伝承をはかることをねらいとして、2000年から技能五輪に挑戦しております。

1.大会成績

成績選手氏名職種
金メダル 神谷 将真(かみや しょうま) 電気溶接
銀メダル 森口 淳志(もりぐち あつし)
横道 悠太(よこみち ゆうた)
メカトロニクス
(2人1組)
川端 直輝(かわばた なおき) 構造物鉄工
銅メダル 大森 大輔(おおもり だいすけ) 構造物鉄工
中原 七月(なかはら なつき) 機械製図
敢闘賞 下垣 亮太(しもがき りょうた) 機械組立て
小林 飛揚(こばやし ひょう) 構造物鉄工
林 孝純 (はやし たかずみ) 電気溶接

2. 「電気溶接」職種の概要

電気的な放電現象を利用し、金属を接合する技能で、自動車、発電設備、橋梁、ビル、建築物、家電製品など、あらゆる工業製品の製作を支えるモノづくりの基幹技能です。
選手は4時間25分の競技時間内に4つの課題を製作し、寸法精度、外観、X線透過試験結果、強度、図面で指示された施工が正しく行われたかどうか、そして作業時間を競います。
金属は熱を加えると膨張し、冷えると収縮します。溶接後の製品には変形(ひずみ)が生じるため、溶接を用いた製品の寸法精度を高く維持することは非常に難しく、技能者には金属の性質・溶接・理論に関する豊富な知識と、高い溶接技能が求められます。

3.神谷選手プロフィール・コメント

1)プロフィール

名前 神谷 将真(かみや しょうま)
生年月日 1997年11月27日(21歳)
出身地 愛知県
出身校 愛知工業高等学校
入社

2016年4月

所属

トヨタL&Fカンパニー製造部

2)コメント

金メダルを受賞した神谷選手

結果は、よくても銅メダルかと思っていたので、金メダルを獲れてとても驚きました。普段からコーチには「本番でいつも以上の力を発揮することは難しい」と教えられていたので、いつもどおり、丁寧に、ひとつひとつの作業を進めることを心がけていました。途中でうまくいかないところもありましたが、それに焦ることなく、冷静に作業することができたのが良かったのだと思います。
いつも応援してくれた会社の皆さんへは、結果を出すことでしか感謝の気持ちを伝えることができないと思っていたので、良い報告ができることをうれしく思います。
今後は指導者になる予定なので、後輩の選手が自分以上の技能を身につけ、豊田自動織機の歴史を変えていく手助けをしていきたいです。

2019年 ニュースリリース一覧へ戻る