ニュースリリース

経営・事業

『豊田自動織機レポート2019』発行のご案内

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、持続的な成長に向けた取り組みについて、ステークホルダーの皆様にご理解を深めていただけるように取りまとめた『豊田自動織機レポート2019』を発行いたしました。

今回のレポートでは、外部環境および当社業容の変化を受け、新たに策定した2030年ビジョンを解説し、当社が今後の10年間でめざす方向性を紹介しています。
レポートの一部を以下にご紹介します。

<2019年3月期レポートの表紙>

1.社長による新ビジョンの概要および実現に向けた取り組みの紹介

2020年ビジョンの振り返りと新ビジョンで表した「社会と調和した持続的成長」、各事業における中期的な取り組みなどについて説明。

2.お客様の物流課題解決への取り組み: 特集1

空港分野においても物流の高度化・効率化に対するニーズが 高まっており、当社グループの強みを結集したソリューションを提供することで、物流課題の解決に貢献するとともに、事業の成長をはかる姿を紹介。

3.電動車の電源活用領域拡大に貢献: 特集2

当社の持つカーエレクトロニクス技術を活用し、「利便性」「楽しさ」「安心感」をご提供する当社の車載用電源機器について紹介。

今後も当レポートの発行をはじめ、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを推進し、当社に対するご理解を深めていただけるよう、努めてまいります。

▽『豊田自動織機レポート2019』は当社の公式ウェブサイトでも公開しています。
URL:https://www.toyota-shokki.co.jp/investors/library/annual_reports/2019/index.html

2019年 ニュースリリース一覧へ戻る