ニュースリリース

経営・事業

豊田自動織機 新型RAV4ラインオフ式を開催

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗 以下、豊田自動織機)は、11月22日(木)に愛知県大府市の長草工場で、新たに生産を開始した新型RAV4のラインオフ式を開催しました。

式典には、トヨタ自動車株式会社の吉田守孝副社長をはじめ、販売店や仕入先、従業員の代表者約350人が出席し、テープカットや次代を担う若手社員による決意表明を行い、生産開始を祝いました。式典のなかで、社長の大西 朗は、「グローバル戦略車にふさわしい品質の車を、ここ長草工場から世界中のお客様にお届けしたい」と新型RAV4生産への抱負を述べました。

長草工場は1967年の操業開始以降、一貫して、トヨタグループでのコンパクト・ミディアムクラス車生産の一翼を担ってまいりました。RAV4は、コンパクトSUVの先駆け的存在として1994年に初代モデルが発売され、当社では2代目以降の2001年から生産を担当、これまでに約238万台を世界の市場に送り出してきました。このたび生産を開始する新型RAV4は、2018年12月より海外で、また、来春より国内でもトヨタ自動車の販売店より発売される予定です。

今後も豊田自動織機は、S(安全)・E(環境)・Q(品質)・C(コスト)・D(納期)での優位性を強化するとともに、世界中のお客様に一層ご満足いただけるクルマづくりに努めてまいります。

【長草工場の概要】

1. 所在地 愛知県大府市長草町山口9番地2
2. 操業開始 昭和42年(1967年)
3. 生産車種 RAV4
4. 従業員数 2,948人
5. 敷地面積 332,000m2
6. 建物面積 157,000m2
テープカットの様子
新型RAV4を囲んでの記念撮影

以上

2018年 ニュースリリース一覧へ戻る