ニュースリリース

経営・事業

『豊田自動織機レポート2018』発行のご案内

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、企業価値向上に向けた取り組みについて、ステークホルダーの皆さまにご理解を深めていただけるように取りまとめた『豊田自動織機レポート2018』を発行いたしました。

今回のレポートでは、当社およびグループ会社が、eコマース市場拡大などに伴う物流に関するお客様ニーズの変化や100年に一度と言われる自動車業界での大変革を追い風にして持続的に成長するためのシナリオ・取り組みを掲載しています。
その内容の一部を以下にご紹介します。

<2018年度レポートの表紙>

1.社長自らが価値創出の戦略を説明

主要事業である産業車両およびカーエアコン用コンプレッサー事業を中心に、持続的成長に向けたシナリオ・戦略を紹介。

2.物流ソリューション事業強化の取り組み: 特集1

eコマース市場拡大など、物流を取り巻く環境が大きく変化し、物流ニーズも多様化する中、物流ソリューション事業の強化に向けた取り組みと今後の方向性を紹介。

3.次世代の環境技術を紹介: 特集2

2050年のCO2ゼロ社会実現をめざし、電動化技術などの活用による環境への取り組みを紹介。

今後も当レポートの発行をはじめ、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを推進し、当社に対するご理解を深めていただくことができるよう、努めてまいります。

▽『豊田自動織機レポート2018』は当社の公式ウェブサイトでも公開しています。
URL:https://www.toyota-shokki.co.jp/investors/library/annual_reports/2018/index.html

2018年 ニュースリリース一覧へ戻る