ニュースリリース

製品・技術・展示会

ユニット式パレット用自動倉庫 新型「ラックソーターP(6m~15m級)」を発売

―サイクルタイム・エネルギー効率を10%向上―

株式会社豊田自動織機(社長: 大西 朗)・トヨタL&Fカンパニーは、ユニット式パレット用自動倉庫「ラックソーターP」をフルモデルチェンジし、2018年1月18日(木)より全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて発売します。

「ラックソーターP」は、優れた安全性や、安定稼動をサポートする予防保全・異常時早期復旧などの機能を評価され、1992年の発売以来、製造業、運輸業のほか、幅広い業種のお客さまに導入いただいております。

一方で、近年、eコマース市場の拡大に伴う大型物流倉庫の新設や、労働者不足といった環境変化を背景に、物流現場の効率化や自動化を実現するソリューションの需要は一層高まっています。このようなお客さまのニーズにお応えするため、10年ぶりに「ラックソーターP」をフルモデルチェンジいたしました。

新型「ラックソーターP」は、新たに「制振制御機能」を搭載しました。クレーン走行におけるマストの揺れを軽減することで、停止するまでの待ち時間を大幅に短縮し、サイクルタイムを約10%向上しています。また、クレーンの減速・下降時に発生する運動エネルギーを回生電力として走行モーターで再利用する技術も新たに採用し、エネルギー効率の約10%向上を実現しました。

豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、これからもお客さまニーズに沿った商品の開発とラインアップの拡充に努め、一人ひとりのお客さまに最適な物流ソリューションを提案いたします。

※当社従来モデルとの比較

新型「ラックソーターP」の主な特長と仕様は以下の通りです。

1 主な特長

1) 「制振制御機能」の標準採用によるサイクルタイムの向上
モーターをより正確に制御することで、マストの揺れを軽減し、その揺れが停止するまでの待ち時間を大幅に短縮。従来モデル比約10%のサイクルタイム向上を実現。

2) DCリンク式の回生電力利用によるエネルギー効率向上
クレーンの減速・下降時に発生するエネルギーは、従来熱として消費されていたが、回生電力としてモーターで再利用することにより、従来モデル比約10%の省エネを実現。

2 仕様一覧

型式最大荷重 (kg)ラック全高 (mm)価格
5 ASP 6 1,000 2,000~6,000

オープン価格
クレーン本体に、ラック・施工費などを加えた
システム一式にて販売いたします

5 ASP 9 ~ 9,000
5 ASP 12 ~12,000
5 ASP 15 ~15,000
5 ASP 6-15 1,500 2,500~6,000
5 ASP 9-15 ~ 9,000
5 ASP 12-15 ~12,000
5 ASP 15-15 ~15,000
5 ASP 6-20 2,000 2,500~6,000
5 ASP 9-20 ~ 9,000
5 ASP 12-20 ~12,000
5 ASP 15-20 ~15,000

新型「ラックソーターP」

以上

☆☆☆「トヨタL&F」関連情報は、下記のサイトをご参照ください☆☆☆

http://www.toyota-lf.com/

2018年 ニュースリリース一覧へ戻る