ニュースリリース

製品・技術・展示会

日東工業株式会社
株式会社豊田自動織機

IoTを活用した充電電力コントロール実証実験

— IKEA長久手にEV・PHV用充電スタンドを設置 —

日東工業株式会社(本社:愛知県長久手市、社長 佐々木 拓郎)と株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長:大西 朗)は、愛知県長久手市にオープンした「IKEA長久手」に、共同開発した普通充電スタンド9基を設置し、「IoTを活用した充電電力コントロールの実証実験」を開始いたします。

環境問題への関心の高まりを背景にEV・PHVなどの次世代自動車が普及する中、インフラとしての充電設備の整備が着々と進んでいます。特に、集客力のある大型公共・商業施設などでは大量の充電設備の導入が期待されている一方、電気代などの運用コストが負担となり、その解決が求められています。

今回の実証実験では、導入する充電設備に独自開発の「スマート充電システム(仮称)」を搭載し、IoTを活用して遠隔で充電に使用する電力量をコントロールできるようにします。これにより、充電設備全体が消費するピーク電力を抑制し、既存の電力設備や電気料金のなかで複数台同時の充電が可能となることを実証し、IoTを活用した充電サービスの有効性を検証します。また、本体画面に広告を表示し、その効果を確認します。

常にお客さまのニーズに対応した充電器を開発し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

設置する充電スタンドの概要

設置目的:イケア・ジャパン株式会社、日東工業株式会社、株式会社豊田自動織機3社による共同実証実験の実施
設置内容:EV・PHV用200V普通充電スタンド(充電ケーブル付)
設置台数:9基(親機1基と子機8基)
設置場所:IKEA 長久手 お客さま駐車場
運用開始:2017年10月11日(水)
利用料金:無料

充電スタンド(親機・子機)

以上

2017年 ニュースリリース一覧へ戻る