ニュースリリース

製品・技術・展示会

文部科学大臣表彰を初受賞 トヨタFCV 「MIRAI」 に搭載 酸素供給エアコンプレッサー

-世界初の6葉ヘリカルルーツ式採用により高容量・低ノイズを実現-

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗 以下、豊田自動織機)は、このたび「燃料電池車の性能に寄与する新方式エアコンプレッサーの開発」の業績に関して、「平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門」を初受賞しました。表彰式は、4月19日(水)、文部科学省(東京都千代田区)にて行われます。

燃料電池車(以下、FCV)は、始動後、絶えず発電のために酸素と水素を燃料電池スタック内で反応させる必要があります。そのため効率良く大気を吸引・圧縮し、燃料電池スタックに送り込むエアコンプレッサーはFCVの性能を決定する重要な部品の一つです。当社がカーエアコン用コンプレッサーで培ってきた圧縮技術をもとに開発したエアコンプレッサーは、トヨタ自動車株式会社のFCV「MIRAI」を通じてお客さまにご愛顧いただいております。

このたびの受賞は、本製品が世界初※1となる6葉ヘリカルルーツ式ローターを採用し、低速域から高速域まで最適な空気の圧縮が可能となり、車両の加速性能と航続距離※2の向上に寄与したことがFCVの一般向け発売に貢献したと高く評価されたものです。
さらに、本製品は低ノイズ・低振動の実現、高速域の不快な音の低減はもとより、加速感を演出する音作りにもこだわって設計しております。

今後も豊田自動織機は水素社会実現にむけ、FCV搭載製品の性能向上を通じてFCVの普及・拡大に積極的に取り組んでまいります。

※1 自社調べ
※2 水素1充填あたりの走行可能距離

エアコンプレッサー
6葉ヘリカルルーツ式ローター

以上

文部科学大臣表彰について

文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とする科学技術分野の文部科学大臣表彰を定めています。

2017年 ニュースリリース一覧へ戻る