ニュースリリース

組織・人事・採用

2017年度入社式を挙行

株式会社豊田自動織機は、4月3日(月)午前10時30分から、当社高浜工場の多目的ホール(愛知県高浜市)にて2017年度入社式を行いました。
入社式には新入社員284名と、社長の大西 朗をはじめ、役員、労働組合代表が出席しました。以下に社長あいさつの要旨を掲載します。

【社長あいさつの要旨】
入社おめでとうございます。皆さんが仲間と共に社会人として第一歩を踏み出すにあたり、一人ひとりの成長と各職場での活躍を期待し、特に3点について述べたいと思います。

1.基本を身につける

皆さんは、これから豊田自動織機というチームで共に働く仲間です。まずは、社会人としてマナー・ルールを遵守することからはじめましょう。人を思いやる心を大切にして、自ら行動を起こしてください。あいさつは自分から率先して行ない、人から教えてもらうのではなく、自ら学ぶ姿勢を持つよう心がけてください。また、安全・健康・品質・コンプライアンスが会社の基盤であることをしっかり理解し、行動するようお願いします。


2.歴史を受け継ぎ、挑戦し続ける

当社は昨年、創立90周年を迎えました。社祖豊田佐吉の遺訓として、創立以来大切にしている考え方をまとめたものが社是「豊田綱領」です。そこに記されている精神はどれも大切なものですが、特に皆さんは「研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし」を意識してください。当社90年の歴史は決して平坦ではなく、先輩たちがこの精神のごとく、数々の挑戦や失敗や苦労を積み重ねて築いたものです。この財産を受け継ぎ、自らも挑戦し、後輩に伝えていくことが皆さんの大切な役割です。

3.お客さま視点を持つ

皆さんが実際に仕事をする際に留意してほしいことは、「お客さま視点」を持つことです。当社はモノづくりの会社で、一つひとつの商品をお客さまにお届けし、満足していただくことで会社が存続できています。会社にはいろいろな部署があり、業務の内容も様々ですが、全ての仕事はモノづくりを通じてお客さまとつながっています。常に、お客さまに満足していただくためにはどうすべきかと考える習慣を身につけてください。

最後に、皆さんには心から豊田自動織機に入社してよかったと言ってもらいたいと思います。そのために、皆さんはご家族や周囲の方々への感謝の気持ちを忘れることなく、それぞれの職場で輝き、会社を成長させ、自身の幸せを実現してください。

以上

2017年 ニュースリリース一覧へ戻る