ニュースリリース

経営・事業

豊田自動織機が「準なでしこ」企業に選定

-女性活躍を推進し、将来の成長が期待される企業として選ばれる-

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗 以下、豊田自動織機)は、経済産業省と東京証券取引所が2012年度より共同で実施している「なでしこ銘柄」企業選定の取組みにおいて、「なでしこ銘柄」に次ぐ、「準なでしこ」企業に選定されました。

「なでしこ銘柄」とは、女性活躍推進に優れた上場企業が、業種ごとに選定されるもので、このたび当社が選定された「準なでしこ」には、「なでしこ銘柄」47社に次いでスコアが高い企業の中から、「多様な人材を活かすマネジメント能力」および「環境変化への適応力」が高く「将来的に成長が期待できる」と評価された企業、計25社が選ばれました。

当社では、これまで、様々な働き方を認め、多様な人材が活躍できる職場作りに向け、育児休職期間の延長や、育児・介護および配偶者の転勤による退職者の再雇用制度および育児のための短時間勤務制度導入など両立支援策の拡充を進めてまいりました。また、トヨタグループ5社共同で託児所の設置も行っております。

近年は、「女性の更なる活躍を促進」するために、「管理職/全社員の意識改革」「女性のキャリア形成支援」「柔軟な働き方推進」を柱に取り組みを進めています。
「管理職/全社員の意識改革」では、女性活躍推進に関するトップメッセージを発信し、経営課題としての取り組みであることを明確化するとともに、全管理職を対象としたセミナーを開催し、部下を性差なく育成するための留意点の理解、意識啓発をはかっています。
「女性のキャリア形成支援」では、ライフイベントを踏まえたキャリアプランを上司と共に作成し、計画的な育成を推進することを目的としたキャリア研修やロールモデルとの交流会を実施しています。
「柔軟な働き方推進」では、キャリアの中断から早期に復職しキャリアを形成できる環境の整備を目的とし、在社義務を大幅に緩和した終日在宅勤務制度を導入しました。また、事業所内にネットスーパー注文品を受け取れる自社製品である「冷蔵物流ロッカー」を設置し好評を得ています。

今後も社員一人ひとりが活き活きと働き、能力を最大限に発揮できる制度と環境づくりを継続的に進めていきます。
 
<ご参考:当社の女性活躍推進に関する他の企業認証>
・厚生労働省 女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定(2段階目)
・愛知県   あいち女性輝きカンパニー認証

以上

2017年 ニュースリリース一覧へ戻る