ニュースリリース

製品・技術・展示会

国際物流総合展2016に出展

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)・トヨタL&Fカンパニーは、9月13日(火)から9月16日(金)まで東京・有明の東京ビッグサイトにて開催される「国際物流総合展2016 LOGIS-TECH TOKYO2016」に出展します(トヨタL&Fブースは東3ホール)。

トヨタL&Fは、今年でフォークリフト発売60周年、物流システム発売30周年を迎えました。また、1966年に初の国内年間販売台数 No.1 を記録して以来、皆様に支えられ50年連続首位の座を堅持してまいりました。この節目の年を記念し、今回のトヨタL&Fブースは、過去最大の展示規模で来場者の皆様をお迎えします。

今回の出展では「お客様の物流の未来を、ともに創る。」をコンセプトに、“この国の物流を、あたらしく、うつくしく。”することを提案します。
メインステージでは、物流センター出荷エリアと自動車工場製造ラインの2つの現場を一部再現し、それぞれの現場におけるトヨタL&Fの物流ノウハウを、デモンストレーションを通じてわかりやすく紹介します。
物流センターを舞台にした演出では、人と機械が融合したフレキシブルな出荷エリアの再現を通じ、荷姿の変化、物量および人員の増減に対応可能な物流現場の構築を提案します。
自動車工場を舞台にした演出では、徹底的なムダの排除、生産量変動への対応を実現した 自動車製造ラインの再現を通じ、トヨタL&Fが提案する物流ソリューションの基本となる、トヨタ生産・物流方式の実践をご覧いただきます。

さらに、トヨタL&Fが環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」における関西国際空港での実証実験などを通じて開発を進め、本年11月より日本で初めて販売を開始する2.5トン積燃料電池フォークリフトのほか、燃料電池トーイングトラクターをはじめとする数多くのコンセプトモデルを展示し、業界のリーディングカンパニーとして、物流機器の革新についても提案いたします。

以上

トヨタL&Fブースイメージ

◇◇◇国際物流総合展およびトヨタL&Fの出展情報は、インターネットでも紹介しています◇◇◇
国際物流総合展2016 公式サイト http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/
トヨタL&F物流展 特設サイト http://www.toyota-lf.com/sp/exhibition2016/

2016年 ニュースリリース一覧へ戻る