ニュースリリース

製品・技術・展示会

トヨタL&Fがフォークリフト向けテレマティクスサービス「TOYOTA T_Site」を発売

— 車両搭載の通信システムを利用し、稼働データを見える化 —

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)・トヨタL&Fカンパニーは、フォークリフト向けテレマティクスサービス(稼働管理システム)「TOYOTA T_Site」を、3月29日(火)、全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて発売します。
「TOYOTA T_Site」は、フォークリフトに搭載した各種センサーにより稼働データを収集し、通信システムを利用して、お客様に走行時間や稼働率など様々な情報を 提供するサービスです。データを見える化し、物流現場の安全管理や生産性向上、コスト低減につながる改善活動に活用いただけます。

近年、人材不足の深刻化・労働環境の改善要求の高まりなど、物流を取り巻く環境が大きく変化しており、生産性向上・コスト削減・安全管理などの改善ニーズがより一層高まっています。
このたび、こうしたニーズにお応えするため、稼働管理システムを導入いたします。サービスの導入により、お客様の現場における車両やオペレーター毎の走 行・荷役時間や稼働率、バッテリーの使用状況などの情報が、パソコンやタブレット端末で閲覧できるようになります。これをトヨタL&Fがこれまで 培ってきた異常の見える化、ムダの見える化など物流現場の管理ノウハウをもとに分析・活用することで、車両の効率的な利用やオペレーターの最適配置が容易 になり、物流コスト低減や現場改善に貢献します。また、車両への衝撃回数やレベルを検知し通知する機能を備えており、フォークリフト作業の安全管理をサ ポートします。

なお「TOYOTA T_Site」は、昨年10月に発売したコンパクト電動フォークリフト新型「GENEO-Ecore(ジェネオエコア)」への搭載(オプション設定)に限定して販売を開始しますが、今後、搭載可能な車種を順次拡大していく計画です。

これからもトヨタL&Fは、豊富な商品ラインアップと業界最大の販売・サービスネットワークで、お客様に最適な物流環境の構築をサポートしてまいります。
フォークリフト向けテレマティクスサービス「TOYOTA T_Site」の機能は以下のとおりです。

1.TOYOTA T_Siteの機能

1) 稼働状況管理
車両・オペレーター・拠点毎のキーオン時間・荷役時間・走行時間・稼働率等の稼働状況を見える化
2) バッテリー状況管理
バッテリーの充電・放電状況を見える化
3) 車両衝撃検知管理
車両に搭載されたセンサーが車両への衝撃レベルや回数を検知
4) オペレーターアクセス管理
PIN※コード認証により、車両に乗車可能なオペレーターを限定

※ PIN(Personal Identification Number):個人認証番号

2.データの流れ(イメージ)

3.TOYOTA T_Siteホーム画面

☆☆テレマティクスサービス「TOYOTA T_Site」については、下記のサイトをご参照ください☆☆☆
http://www.toyota-lf.com/products/detail/t-site/

以上

2016年 ニュースリリース一覧へ戻る