ニュースリリース

製品・技術・展示会

トヨタL&Fが1.0~2.0トン積コンパクト電動フォークリフト新型「GENEO-Ecore(ジェネオエコア)」を発売

— 新開発の高効率ACモーター、モータードライバを採用しクラストップの長時間稼動を実現 —


1.5t積コンパクト電動フォークリフト「GENEO-Ecore(ジェネオエコア)」(8FBE15)

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)・トヨタL&Fカンパニーは、1.0~2.0トン積コンパクト電動フォークリフト「GENEO-Ecore(ジェネオエコア)」をモデルチェンジし、10月22日(木)より、全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて発売します。

コンパクト電動フォークリフトは小回り性に優れ、狭い通路幅でも操作性が高く、保管スペースの効率化が可能です。主に運輸・倉庫業、および食品業を中心に幅広いお客様の物流現場でご使用いただいております。

今回のモデルチェンジでは、電動フォークリフトに普遍的に求められる連続稼動時間の向上、作業者の安全確保や操作性向上などのお客様のニーズにお応えするため、より高いレベルの性能・機能を追求いたしました。

連続稼動時間※1においては、新開発の高効率ACモーター、モータードライバ、および油圧コントロールシステム搭載により、消費電力を大幅に低減することで従来車に比べ約20%向上し、クラストップの長時間稼動を実現しました。さらに、バッテリー保護機能(消費電力計付)を標準搭載し、バッテリーにダメージを与える使い方を未然に防ぐことで、バッテリーの長寿命化に貢献します。

安全面においては、作業中の安全と作業効率の向上に貢献する当社独自のシステム「SAS※2」に加えて、積荷の高さ、重さ、旋回半径によって旋回速度を自動で制御する機能を国内のカウンタータイプフォークリフトで初めて標準搭載しました。これらにより、初めてコンパクトフォークリフトをお使いいただくお客様にも安心してご使用いただけます。

使いやすさの面では、少子・高齢化の進展、女性オペレーター増加への配慮から、低いステップ、小径ハンドル、見やすいディスプレイの採用など、すべてのオペレーターに優しい作業環境を実現しています。その他、従来車から防水性能を高め、IPX4※3相当の耐水性を実現し、屋外作業にも安心してご使用いただけます。

これからもトヨタL&Fは、豊富な商品ラインアップと業界最大の販売・サービスネットワークで、お客様に最適な物流環境の構築をサポートしてまいります。

新型GENEO-Ecore(ジェネオエコア)の主な特長、機種、価格は以下のとおりです。

1.主な特長

1)長時間稼動

(1)新開発の高効率ACモーターとモータードライバ、油圧コントロールシステム搭載により、消費電力を大幅に低減し、クラストップの長時間稼動を実現。
   1充電あたりの稼動時間延長により、電気代削減も可能。

(2)バッテリー保護機能(消費電力計付)を標準搭載し、バッテリーの長寿命化に貢献。

①バッテリーの液面、液温を検知し、基準値を超えた場合に警告灯とブザー音で警告し、車両性能を制限することでバッテリーへのダメージを軽減。

②消費電力計を搭載し、月ごとの充電電力3ヶ月間、日ごとの充電電力を30日分記録し、ディスプレイに表示。CO2排出量も表示することができ、エネルギー管理に貢献。

2)走行制御(旋回制御付)

(1)積荷の高さ、重さによって車速(加速度・減速度・最高速)を自動で制御する機能を標準搭載。

(2)積荷の高さ、重さ、旋回半径によって旋回速度を自動で制御する機能を標準搭載。
   (国内カウンタータイプフォークリフト初)

※1:作業サイクルパターン トヨタ30m作業サイクルによる測定数値
    (お客様の稼動状況・使われ方により異なります)

※2:ハンドル角、揚高など様々な情報を検知し、制御することで旋回時や荷役時などに優れた安定性を発揮するシステム

※3:防水性能に関する国際規格
   IPX4(防沫型)は「あらゆる方向からの飛沫に対して保護されている」

2.主な機種のメーカー希望小売価格(標準仕様)

積載トン数型式希望小売価格 (千円/税抜き価格)
1.5 8FBE15 2,969

以上

コンパクト電動フォークリフト「GENEO-Ecore(ジェネオエコア)」の詳細は下記のサイトをご参照ください

http://www.toyota-lf.com/geneo-ecore/

2015年 ニュースリリース一覧へ戻る