重要なお知らせ

ジョブファイターのリコール届出に関するお知らせ

日頃は弊社のフォークリフトをご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。
弊社が販売したショベルローダ(商品名:ジョブファイター)の一部車両について、令和3年10月12日、製造元である株式会社クボタより、国土交通省にリコールを届け出いたしました。
リコールの概要並びに、トヨタL&Fとしての対象範囲は、以下のとおりです。
ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけしまして、心よりお詫び申しあげます。
なお、対象となるお客さまには、販売店から直接連絡申しあげ、リコールの内容や無償での点検・修理の実施についてご説明いたします。

<リコールの概要>

1.不具合の状況

ショベルローダのエンジンオイルセパレータ管路において、低温環境下での短時間稼働が長期間に渡り繰り返されると、ブローバイガス中の水分凍結が徐々に進行し、管路が氷で閉塞することがあります。その結果、エンジン内圧力が上昇してオイルパン内のエンジンオイルが燃焼室に逆流し、オイルが燃料となってエンジン回転が上昇するおそれがあります。

2.改善措置の内容

全車両、取扱書に寒冷地での取り扱いに対する注意書きを追記し差し替えます。
また、エンジンオイルセパレータ管路に、防風板と断熱材を取り付けます。
エンジンのエラー履歴を確認し、異常履歴があった場合はエンジンを交換します。

3.対象車両

車名型式通称名リコール対象車の車台番号(シリアル番号)
の範囲及び製作期間
リコール対象車の
台数
備考
クボタ YDM-R430E 「6SDTL8」 6ST8E-10005 ~ 10331
平成28年8月8日 ~ 平成30年1月15日
133台
YDM-R530E 「6SDTL10」 6ST10E-10020 ~ 10259
平成28年9月29日 ~ 平成30年2月15日
14台
YDM-R630E 「6SDTL12」 6ST12E-10004 ~ 10051
平成28年9月8日 ~ 平成29年9月25日
16台
(計3型式) (計3車種) (製作期間の全体の範囲)
平成28年8月8日 ~ 平成30年2月15日
(計163台)

(ご注意)
(1) トヨタL&Fとしての対象車両のみ記載しており、(株)クボタの台数は含まれておりません。
(2) 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

お客様ご愛用の製品が対象車両かどうか、点検・修理の内容等のお問い合わせにつきましては、最寄りのトヨタL&F販売店または以下の連絡先までお問い合わせくださいますようお願い申しあげます。

<連絡先>
トヨタL&Fカンパニー お客様相談センター
全国共通フリーダイヤル 0120-35-0275

以上

2021年 重要なお知らせ一覧へ戻る