重要なお知らせ

フォークリフト「GENEO」のリコール届出に関するお知らせ

このたび、弊社製フォークリフト「GENEO」の一部車両につきまして、下記内容のリコールを国土交通省に届出いたしました。
ご使用いただいているお客さまには、大変ご迷惑をおかけしまして、心よりお詫び申しあげます。
対象となるお客さまには、販売店から直接ご連絡申しあげ、リコールの内容や無償での点検・修理の実施についてご説明いたします。

<リコールの概要>

1.不具合の状況

エンジン式フォークリフトのフレームの構成部品である燃料タンク及び作動油タンクにおいて、溶接方法が不適切なため、溶け込み不足が発生しているものがあります。
そのため、当該部位への負荷が大きい作業を繰り返し行うと、当該溶接部位に亀裂が発生し、燃料及び作動油漏れに至るおそれがあります。

2.リコールの内容

全車両、該当溶接部位を点検し、適切な状態で再度溶接します。

3.対象車両

車名型式通称名リコール対象車の車台番号(シリアル番号)
の範囲及び製作期間
リコール
対象車の台数
備考
トヨタ YDN-8FD40 「トヨタ
ジェネオ」
8FD40- 10014~8FD40- 11735
平成26年11月11日~平成29年7月20日
247台
YDN-8FD50 8FD50- 10011~8FD50- 10946
平成26年11月10日~平成29年7月13日
164台
YDN-8FD80 8FD80- 10014~8FD80- 10486
平成26年11月26日~平成29年7月5日
92台
EBT-8FG40 8FG40- 10012~8FG40- 10367
平成26年12月1日~平成29年7月19日
43台
EBT-8FG50 8FG50-10014~8FG50- 10192
平成26年12月4日~平成29年5月9日
16台
(計5型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成26年11月10日~平成29年7月20日
(計562台)

(ご注意)
(1) リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。
(2) 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

お客様ご愛用の製品が対象車両かどうか、点検・修理の内容等のお問い合わせにつきましては、最寄りのトヨタL&F販売店または以下の連絡先までお問い合わせくださいますようお願い申しあげます。

<連絡先>
トヨタL&Fカンパニー お客様相談センター
全国共通フリーダイヤル 0120-35-0275

以上

2019年 重要なお知らせ一覧へ戻る